日野の歯科・プルミエデンタルオフィス

の口コミ情報

できる限り痛みを抑える歯科治療に日野で取り組みます

予防歯科の考えに基づき、患者様の歯を普段から適切なケアで守り、万が一の虫歯や歯周病などのトラブルの際には痛みが少ないこと、削らない・抜かないことを重視して、迅速に治療にあたっています。特に痛みに関しては治療器具や麻酔などを工夫することで、できる限り不安を払拭できるよう心がけています。

普段から患者様の歯を見守り、万が一の際は痛みを抑えた治療をすることで、「痛くない場所」として日野の患者様に親しんでいただけることを目指します。

痛みを最小限に抑える工夫を行う歯科を日野で展開

虫歯の痛みはつらく耐えがたいものです。しかし、虫歯の治療と聞くと「痛いのではないか」「麻酔を刺されるのが怖い」といった不安を抱える方も多いものです。そうした不安を少しでも和らげるため、あらゆる方法で「痛みの少ない治療」を心がけています。その取り組みの一つとして、超極細の針を用いて麻酔の注射を行っています。その細さは、歯の治療業界では最も細いと言われるほどで、歯茎に刺す独特の痛みを抑えられることが期待できます。また、麻酔注射を刺す前に粘膜に表面麻酔を行い、針によるチクリとした痛みを軽減することに努めています。この表面麻酔はシールタイプ・塗り薬タイプのものであるため、痛みはもちろんありません。

痛みの強い治療はどなたにとってもつらいものですが、痛みのために通院をやめてしまうと、歯の悪い場所がどんどん進行してしまいます。痛みの緩和方法を今後も追求し、患者様に優しい治療を心がけてまいります。

全身を健康に保つための歯周病治療にも歯科として日野で対応

歯肉や歯の根を支える歯槽骨、歯根と歯槽骨の間にある歯根膜など、歯の周りの組織に炎症を起こす歯周病の治療を行っています。歯周病は痛みなどの明確な症状がほとんどなく、自覚症状のない場合も含めると日本の成人の8割以上が患っている疾患と言われています。歯を失う原因は虫歯が最も多いように思われがちですが、実際は原因として最も多いのは歯周病なのです。

歯周病は口腔内だけではなく、全身に影響する疾患であることも重要な点です。歯周病との関連性がある病気には、肺炎や心臓病、糖尿病、呼吸器疾患など、一般的によく知られている疾患も多く、全身の健康を維持していく目的でも、歯周病は早めに予防とケアをすることが大切なのです。患者様の長きに亘る健康づくりをお手伝いするため、これまでの豊富な実績と知識を活かしながら、一人ひとりに合わせた治療に取り組んでまいります。

普段から健康な歯を保つための予防歯科に日野で取り組みます

虫歯や歯周病に気付いてからではなく、日頃から適切なケアで健康な歯を保つ予防歯科に力を入れています。ご自宅での歯みがきなどのホームケア指導と定期的な検診・メンテナンスにより、生涯に亘って歯を健康に保つお手伝いをいたします。

何十年も前から予防の考えが根付いている欧米を始めとした海外諸国に比べると、日本では虫歯などのお困り事が起きてから初めて受診する方が多く、高齢の方々の残存歯数が少ないのはこのことが原因だとも言われています。日頃から予防を心がけることは、虫歯や歯周病などの早期発見、将来的に歯を失うリスクを抑えることに繋がります。そしてやはり、プロの衛生士や医師のケアにより、見えない部分の汚れを取り除くことができ、快適な口内を保つことができることが何よりのポイントです。基本的には3〜4ヶ月に一度の検診が最適です。日野の患者様の元気な歯を保つため、細やかな配慮を忘れずにサポートしてまいります。